スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人的所感:セイラさんの魅力とは

ちょいと鬱憤が溜ったので自分がシンデレラガールズ内では推しているセイラさんについての個人的解釈を書く。
ここまで自分の意見の色がキツい長文を書けるのは自分のブログしかないんだよねぇ。
主にテキストについての話。(そこまでして読むよーな記事でもないが)先にwiki各種セイラさんのセリフを確認しておくと読みやすいかもしれない。


セイラさんの魅力は大きく分けて5つある。
年齢、セリフ、見た目、そして彼女のアイドル活動に対する姿勢とPとの関係だ。
以下、順番に書いて行く。めんどくさくなってきたら最後の項目だけでいーよ




・高校生っぽい見た目に反して23歳であること
→何かと登場人数の多いこのゲームのこと、特定の誰かに特に興味を持つには何かしらのキッカケというかインパクトが必要だ。
自分にとってはセイラさんの見た目と年齢のギャップがそうだった。
いやぁ、N版のプロフを見た時の衝撃はそりゃ凄まじかったよ!
そんなに凄いか?と思うかもしれないが20代までの5年差というのはとてつもなく重い。
(見た目と年齢のギャップといえば楓さんやレナさんの方が有名かもしれないが、楓さんはどちらかと言えば年齢不詳タイプの不思議ちゃんだし、レナさんはディーラーだしなぁ…ということで割と自分の中ではすんなり納得がいってた。)
この年齢であの溌剌さを保っている点には架空のキャラクターにも関わらず素直に尊敬の念を抱く。アンタすげぇよ!
この時点で「この人は私の理想像に近い」と無意識の内で感じたからかもしれない。
現実ではありえないロリババアとかじゃなくてリアルでも気の持ちようで実現可能な若さだからね。
似たような理由で真鍋いつきのことも気に入ってはいたんだが・・・(後述)


・台詞が考察のしがいがある
→シンデレラガールズでは本家やミリオンライブの方とは違い、
初登場のキャラは一点特化型が多いというかパッと見でデザインコンセプトのわかりやすい子が多い。
必然的にセリフもそのコンセプトに沿ったものが多くなる。

そういう視点でN版セイラさんを見て行くと最初から犬好きとダンス好きの2本柱で設定されており、
さらには某レールガンさんに似てるとかそのABEの文字は何なんだよとかN→N+でニガテを克服していってる様子がわかったりとカードから読み取れる情報量が多かったのでセリフを読んで色々考察するのが楽しかった。
この点、上でちょっと書いた真鍋はとにかく情報量が少ない。運動全般得意なのと練習熱心なのと多分汗っかきなことぐらいしか判らんのよ、マジで。スポーツキャラなのは見ればわかるよ!これじゃセリフからは何も読み取れてないのとほぼ同義です。オマケにバンダナ巻いてるから詳細な髪型すら不明だったし。
1カードあたりのセリフの数は同一でも内容によって情報密度は全然違う。
テキストって大事だよ!
NG3人のような特殊なポジションにいるとかじゃない限りは読み取れる情報は多いに越したことはない。
セイラさんのNカードは初期からいるキャラの中では読み取れる情報量の多さは随一だったように思う。
もしかしたら他にもいたかもしれないが残念ながら私のアンテナには引っかかってない。


・イラストの安定したクオリティ、というか健康的なセクシーさ
→特にへそ周りというか腰だよ!腰!
まぁ、元々自分が腰フェチというか男女問わず腰骨が浮き出てるのを見るのが好きなので。
そしてセイラさんの絵はどれも安定して美人に描かれているのでこれは担当絵師さんに感謝せねば。

そんな前フリとは矛盾するようだが自分はN+の絵が一番好きです。
稼働初期からのカードでは特訓前と特訓後でガラッと印象を変えてくるキャラが多く、
セイラさんも(荒木やおぐやまさんには到底及ばないものの)特訓前と後ではかなり見た目が変わる方だった。
その特訓後の髪型が似合ってないと不評な意見も多いverだが、N+が好きなセイラPは多いように感じる。
データ取ったわけじゃないから完全になんとなくの主観なんだけど。
思うに、N+の絵を好きになれるかどうかがセイラPになれかなれないかの分岐点なのではないだろうか。

え?N+だと腰出てないじゃないかって?
あの意思の強そうなキリッとした目つきと、あのソロ衣装がいいんですよ。
まぁ見た目は完全に好みと感性の問題だから言葉で説明してもしゃーないね、次行こうか。


・再登場からの路線変更が神ががっている
→ほとんどのアイドルたちは再登場を経ることによって初期からキャラが変わって来ている。
大概は作中の時間経過による成長の証のようなものだが、中には上条さんの極端なメガネ属性のように、ある特定の属性が鋭端化していったり運営が途中で路線変更させたんじゃないか!?って思うくらい転換してる場合もある。

セイラさんも多分運営が路線変更させた内の1人。多分。
2012年のお花見で再登場した時、二重の意味で印象が変わっていたのだ。
まず見た目の印象からして変わり、そしてセリフで新しいことへどんどん挑戦していくイメチェンキャラ属性を新たに付加されたことで見た目の変更への説明をつけた。
かわりに犬に関するセリフはお花見以降毎回必ず入っているものの控えめになった。
どれくらいか減ったかと言うと上条さんの猫に関するセリフくらい。
N版の犬に関するセリフの多さを見るに、きっと初期コンセプトではこう、もっと犬好き路線で行く予定だったんじゃなかろうか。
それがまぁ…多すぎると不評だったのか、それとも当時プッシュしていた凛ちゃんの犬好き属性と被るからなのか変更になった。
そして、N+で不評だった髪型を戻し、どうしてあの時髪型を変更したのかという答えとしてアイドル活動に関してちょくちょく新しいことをやりたがるイメチェン属性が付加され、以後のカードでもその一面がクローズアップされていくることとなった、と。
すごい説明の付け方だよね。当時は「こうきたか!」と驚嘆したものです。

お花見verを最初見た時、正直言って私の中では不評でした。
だってあの服なんか昭和っぽくて(似合ってるけど)ダサいし。
(それ以前に元々自分は時間経過による性格変化をあまり良しとしていない派だし。他のアイドルでも初期カードが一番好きで、再登場以降はイマイチだなって思っている場合が多い。)
それを親愛MAXまで育てていって「これが今のアタシだよっ!」というセリフを見て、
「あぁ、そうなのか。ならば私はその時々のセイラさんをちゃんと受け入れよう」とようやく納得した覚えがある。

そして長い目で見ると、この路線変更は正解だったと思う。
イメチェンキャラにすることによってその後のカードで「遊び」を入れる余裕が出来たというか、あまり「それまでの自分」に捕らわれずに何でもやってけるようになった。
現にカードの種類毎にちょっとずる雰囲気違うし。
他のキャラで雰囲気の異なるカードを出せば「キャラ崩壊だ」みたいな非難を受けることもあるが、予防線を張っているのでその問題はない。
(この視点で見て行くとのあさんのカードの遍歴はセイラさん以上に神がかっていると思うがそれはまた別の話なので置いておく)

結局何が言いたいかって言うとね・・・犬キチキャラにならなくて本当によかったよ!!!
上条さんのメガキチ具合を見るにマジでその可能性はあったと思うからね!!
私、実はペットを溺愛してる人ってあんまり好みじゃないんだよ!
(後に出てきたアッキー…もとい太田さんは元はセイラさんが担う予定だった犬好き路線を引き継いで再構成したキャラなんじゃないかとすら思っている。)


・自由であること
→自分がセイラさん推しである一番の理由。
初期の頃から一貫して自分がやりたいことをやりたいようにやってる感じがする。それがとても眩しい。
トップアイドルへ至る道ってPが先導して引っ張って行くか、横に並んで一緒に歩いてるイメージがあるしそれはそれで美しい形であるとは思う。
だがそれがセイラさんの場合だと犬の散歩みたくセイラさんが前を歩き、Pはその後ろでリード持ってる感じになる。
マリナー版の「アタシ、いつかきっと○○さんを宝島に連れてくから!」 というセリフでさらにその印象が強くなった。
「連れてって」じゃなくて「連れてく」なんだよね。

彼女はPを信頼していながら束縛されていない。
この能動的で自主性の高い姿勢から来るPとの独特な距離感が好きだ。



後半に行くほど言ってることに根拠がなくなってってるような気がするが、
まぁこれも1つの解釈ということで。
???「カードを出せ!カイシャクしてやる!」
スポンサーサイト
プロフィール

ami=go

Author:ami=go
只今別作業につき

カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。