スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖剣m@sterの第7話がなんかえらく力の入った神回で第1部完!だったのでこれを機に「小粒でもピリリと辛い」枠として見てきては如何?なんて薦めてみるエントリ

ちょっとこっぱずかしかったけどな!

ヒースP

とりあえず、まずは「どうしてココをサムネにしなかった!?」と個人的にツッコんじゃった1枚絵のスクショでも貼りますか。
seikenyukiho.png
この雪歩カッコイイよね

このシリーズはコラボ先の登場人物にアイドルを当てはめる形式の架空戦記。
題材は聖剣伝説3でリース役の雪歩が主人公。
ストーリーは多分、原作準拠・・・いまのところは。
自分は聖剣シリーズ未プレイですが毎回楽しく見させてもらっています
周りのコメントでなんとなく原作の雰囲気は掴めるし


見所はズバリ、地味に凝っていること。(※褒めてます。メッチャ褒めてます)
今回の7話は演出もガンガン入れてたけど、このシリーズはむしろ地のゲーム部分に対するやり込み具合にこそ注目すべきだと思う。
一見すると、このシリーズはゲームのプレイ動画にアイドルの立ち絵とセリフの乗っけただけのシンプルな作品に見える。
だがそれだけじゃない。
この長所は0話1話を見ただけではわからないからすぐ切っちゃう人には伝わらないのがツライところ。
(ちょっと話を逸らす。最近衣装改変とか演出面で凝った作品多くて架空参入に心理的ハードルが高いように感じるが、個人的には原作さえ出来が良ければ必要最低限の改変だけで十分面白いと思うんだ・・・だからもっとみんなエタってないで気軽に続けようぜ!)

たとえば仲間が4人以上になったときのパーティの入れ替え。
さらっとやってるように見えるけど、
本来、聖剣3は6人の中から3人を選ぶ選択&固定式(らしい) → 6人全員で旅をしている設定に変更 → ダンジョンによってパーティが変更されている → つまり・・・一体何個データ作ったのさ!?
初めてパーティメンバーの入れ替えを見た時は(他の人のコメントが)びっくらこきましたよ。
なんかもうそこだけで作者の聖剣愛が伝わってくるじゃないですか!
何?エミュとチート? お前そんな夢のないこと言うなよ・・・ドチラにせよ凝ってることには変わらんのやから

それにボス戦。
第3話のモグラ戦で言えば、相手の必殺技に合わせて技だしてトドメさしたりと素のゲームプレイの部分で既に凝ってる。
個人的には7話よりも3話の方が好きなくらいあのトドメはカッコよかった。
もちろん今回のボス戦でもすっげぇメンドクサそうなことしてました。
曲シンクロもカンペキでした。
でもココ一番でのinfernoはもう聞き飽きたカモ

他には配役がけっこう独特で、新キャラが出てくる度に「お前かよ!!」と突っ込まれたり突っ込まれなかったりw
黒井社長に対しては原作未プレイの自分ですらツッコミましたよ。
「お前ここかよ!!」
まぁ配役当てゲームも架空見る上での楽しみの1つデスヨネー

あと、毎回の動画説明文にある今回の一言がなんか好き。 
何このあるあるネタwww

今回の最後で名前表記が「ユキホ」と「雪歩」の2種類になったりと改変部分の伏線のような描写もあったし、これからも楽しみにしています。
これで只の誤植だったらとんでもなく赤っ恥なのだがそんなことないよね・・・?
かなりあからさまに変えてたし
スポンサーサイト
プロフィール

ami=go

Author:ami=go
只今別作業につき

カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。