スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中と右と876の話をゆるゆると語るエントリ

中右876プロ マイリスト
グラスレディーP

少し前の中右特集をやった時に観たシリーズ。
特集する前は興味はあっても1話の段階で切ってしまっていたのですが、
今回の機会に全部観てみたらどうしてなかなか。
あれ?なんか面白いよ?
そんなワケで今日は丁度最新話も投稿されたことだし、
このシリーズを単品でダラダラと取り上げていきます。大量の画像付きで。
このシリーズはこんなノリで見ていたいのです。なんとなく。
というか集中してガッツリ見ようにも1話1話がアニメ1本分に相当するぐらの長いから、一気見だと集中力が持たなかったんですよねー
んでもノベマスを一気見したの久しぶりです。 面白かったよ~

このシリーズは文字通り中子と右子が876プロにスカウトされて
半年後の3人ユニットのオーディション、アイドルフロンティア目指して切磋琢磨していくんですが、全体的にアイマスDSらしい、メタ発言が飛び交う 燃え展開で魅せるタイプの作品です。
DSが出てからコッチ(765のアイドルが有名でないとDSの話が成り立たないため)
すっかり有名アイドルが板についてきた感がある765プロに変わり、
「普通の子がアイドルを目指す」サクセスストーリーを改めて見せてくれたんじゃないかなぁと。
後は、中子右子の素材は確か数パターンしか出まわってなかったのでかなりの分をうp主自身で書いてると思われるんですが・・・
グラ方面はよくわかんないからいいや。


見所

中右1
2回。 ピザーラの撮影シーン
これはいい補完! あの絵一枚からここまで考えますかー
(2次)創作物作る人の想像力は逞しいなぁと思う今日この頃。
それにしてもこのカメラマン、どう見ても あの戦場カメラマンである。


中右3
中右、愛ちゃんの家へ行く。
右ちゃん なんてこと言うんや!


中右4
4回。 ある日のレッスンにて。 この人の登場である。
後々まで影響のある伏線回。
自分はこの辺から段々と面白くなって来てました。
876に入った新人3人の関係も注目ですね。特に彩音と中子。
サイネリアは絵理以外には全方面に対してケンカ売ってるような態度。
実にウザかわいい。
サの字はああ見えて年長組なので「普段は常識人側」に描かれてるのを見ることが多かった。
ここじゃ真逆やん! 876プロに遊びに来た客人ではなく、
新人リアドル、言わば後輩として配置されたからだろうか?
珍しい使い方だなと思う一方、どこよりも再現度高いなとも感じる。
実際にはDS原作でのサイネリアは絵理視点からしか分からないから「こう」なのかなんて分かるハズないんだけどね。
(愛編にもほんの少し出るが殆ど考察材料にならない)


中右5
森でのプチ遭難
燃えるアイマスタグの名が示す通りの展開。


中右6
アイドル神 vs アイドル神
見れそうで見たことなかったカード!
にしてもここの美心さんはいい仕事する。
そうそう、こんなイメージですよねー!
ところで実際に新人3人組はどの程度まで食い下がれたのだろうか?


中右7
運動会。
765の体育会系2人と、あの3人組の登場。
そして伊織とのやよいの取り合い。
うんうん、この手の展開は今後中右が出てくる時の定番になりそう。


中右8
夢子の登場
改心後なのに夢子が挨拶に来たというだけで「逃げてー!超逃げてー!!」と言いたくなるのはなぜだろう・・・w
新手の修羅場トリオタグにクソワロタw
りょうゆめ成分、どうもご馳走様でした。


中右9
中右10
右子様の降臨(とそれに続く中子の挫折と立ち直り)
これにはビックリした。
と同時にこの掘り下げ方にグッと来た。
このシーンで完全にこのシリーズにハマったかな?
この2人を見ると右子が中子を引っ張っているように見えるが、実はその逆で依存してるのは右子の方、という関係はクロスチャンネルの下級生2人を思い出した。
考察しがいのあるいい関係だ。
ところでピースダイナー食い放題掛けていいというコメ打ったヤツ、心の友。


中右11
御堂凛の登場。
・・・って、誰ー!?
今のところ この1回しか出てないけど非常に気になる存在。


中右13
中右12
中ともを始めとする番組収録、水着回
箸休め回という名の伏線回だけどこういうのが一番面白い


中右14
ここはあえて何も書かない方がいいな。


中右15
24回。アイドルフロンティア予選。
この回神回だろ・・・


中右16
魔王エンジェルの前に現れた「過去からの亡霊」
なんというか、真っ向から魔王の問題に取り組んだって感じ。
あー、そうそう、アイマス世界のノベマスにいる魔王ならこういう展開のが見たかった!
魔王ってリレの設定の割にはあんまりあくどいことをしてる(してた)という風には描かれないんですよねー
特に魔王をメインに持ってきてる動画の殆どがフィソロPの提示した貧乏設定の方がベースになってることが多いような気がします。




876の扱いはホント面白い。
そして忘れちゃいけないアイドル神。 ここの佐野さんはいいよー
他にも沢山の人が出てくるけどちゃんと役割振れてるのがスゴい。
木星はかなりぞんざいな扱いだったがまぁ木製だし、いっか。
(こんな扱いでいいのがジュピターの持ち味というのがなんともはやw)
他の動画とは違うけど、サイネリアの態度にも納得するし、
武田さんが舞さんにオールドホイッスルのオファーを出さない理由も納得する。
そして日高舞が負けた理由も。



そんなに爆発的に伸びることはないだろうけど そんなことはどうでもいい。
このシリーズは私にとっては居心地のいい溜まり場。
視聴層も、(多分)サブキャラ好きでないとこの動画には来ないだろうこともあって、
コメントで尾崎さんが置物扱いされてたり、
「右子はなるべく右にいるように」と言われてイジられてるのが実に居心地いい。
こう、友達の家だけどリラックスしてゴロゴロしながらウダウダ出来る感じ。
この位の再生数とコメント率の動画には時々こういった自分の肌に馴染むシリーズがある。
それがどのシリーズかは人によって違うが。
スポンサーサイト
プロフィール

ami=go

Author:ami=go
只今別作業につき

カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。